将来に繋がる保育士の資格とは

待機児童問題はテレビでもたびたび特集を組まれることもあり、保育士不足は問題になっています。不足問題を解決するためにも、保育士の資格は将来の就職活動に繋げることができます。

保育士になるために大学を目指すメリットとは

卒業と同時に保育士資格が取得が可能にある場合も

一番のメリットは4年制大学・短期大学では卒業をすると同時に保育士資格できる可能性があります。

保育士以外の資格も取得できる

大学を卒業すると、保育士以外にも幼稚園と小学校の教諭の免許を同時取得きる学校が多いです。

学士と受験資格を取得できる

大学卒業の資格だけでなく、受験資格を得ることができます。在学中から受験を目指すことが可能です。

選ぶ教科によっては異なる職業も選べる

保育士や幼稚園・小学校教諭の免許だけでなく、選ぶ教科によっては特別支援学校教諭などを目指すことも可能です。

基本給が違うことがある

施設によって違いがありますが、大卒のほうが専門卒よりも基本給などが高い傾向があります。賞与や残業代にも違いがでるため給与トータルでの差が生まれます。

4年制の学校で資格を取るメリット

園児と先生

一般的に、保育士の資格は2年制の短大で取得することが可能です。そのような状況の中であえて4年制の大学で資格を取得することにはそれなりのメリットがあるのです。まず、大学のカリキュラムを通じて4年間みっちりと保育について学ぶことができ、卒業と同時に保育士の資格を自動的に取得することができます。この点、保育士の場合には国家資格の受験が不可欠であるので、カリキュラムを学んでいれば資格が取れる4年制大学のほうが一見有利に見えます。しかしながら、早く学校を卒業して保育士として活躍したいと考えている人にとっては、2年で取得できる資格を4年掛けて取得することは時間の無駄だと考える方も少なくないようです。そのため、早く資格を取得して現場で働くことを望む人にとっては、2年制の短期大学で学ぶという選択が良いと言えます。他方で、大学で保育を学ぶことで保育士以外の資格も取得することができるというメリットがあります。

基本給に差が出ることもある

子どもたち

保育士になるためには、2年制の短期大学で学ぶ方法と、4年制の大学で学び資格を取得する方法があります。どちらが有利かと言えば、場合によっては4年制大学を卒業したほうが、就職をした時に基本給に差が出ることが稀にあるといわれています。ただ、基本給の差はそれほど大きなものではないので、結果的に早く社会に出ることができる短大の方を選ぶ人のほうが多いです。短大で保育士の資格を取得する場合、国家資格の受験が必須になります。保育士というのは国家資格であることから、試験に合格しなければ仕事に就く事ができません。そのため、短大に在学中は学校の勉強と並行して保育士の国家資格取得のための勉強に勤しむことになるのです。